本ページはプロモーションが含まれています

ゴールデンウィーク新幹線予約2024は取れない?自由席予約はいつから?

イベント
スポンサーリンク

新幹線は便利で快適な移動手段として多くの人に選ばれていますが、ゴールデンウィークは超人気!希望の席が取れなくて、ガッカリした経験は誰しもあるのではないでしょうか?

そこで、2024年のゴールデンウィークに向けて、新幹線予約をスマートに取る方法をご紹介します。

https://rabbit12.com/archives/1576

楽天トラベルで予約すると、楽天ポイントが貯まります。貯まったポイントで、次回の旅行ももっとお得に!旅行計画は、楽天トラベルで決まりです♪
>>楽天トラベルで旅行を計画する

スポンサーリンク

ゴールデンウィーク新幹線予約2024は取れない?

まず、ゴールデンウィーク新幹線予約いつからなのかですが、乗車予定日のちょうど1ヶ月前、時計が10時を打った瞬間、予約戦線が開始されます。

この瞬間を逃すと、あっという間に席が埋まってしまうので、カレンダーに印をつけておきましょう。

また、ゴールデンウィークの新幹線予約を確実に手に入れるためのいくつかの対策をご紹介します。

事前予約サービスを活用しよう

新幹線のチケットは、乗車日の1ヶ月前から予約開始となりますが、事前予約サービスを利用すると、さらに1週間前から申し込むことができます。これは、早起きは三文の得ということわざを地でいく方法ですね。ただし、予約が確定するのは発売日当日なので、その点はお忘れなく。

ツアー旅行で予約

楽天トラベルなどのツアー旅行を利用すれば、新幹線とホテルをセットで予約でき、オリジナルの旅行プランを立てることができます。さらに、楽天ポイントが貯まるので、お得感も倍増です。セールやキャンペーンをチェックして、さらに賢く予約しましょう。

>>楽天トラベルでツアー旅行を探す

スマートEXでラクラク予約

スマートEXを使えば、東海道・山陽・九州新幹線のチケットを簡単に予約できます。なんと、乗車日の1年前から予約可能です。ただし、限定された席数なので、早めのチェックが必要です。キャンセル料が発生するので、予定は慎重に。

臨時列車を上手に利用する

ゴールデンウィークには臨時列車が多く設定されます。指定席が取れなかった時、自由席に頼る前に、臨時列車の存在を忘れずに。快適な特急タイプの臨時列車もありますので、こちらもチェックしてみてください。

出発時間をずらしてみる

連休初日の朝や最終日の午後は、特に混雑します。時間をずらして出発するだけで、指定席を取りやすくなることも。家族連れでは難しいかもしれませんが、一人旅ならば、夜行での移動も一考です。特に夕方や夜は狙い目です。

区間を分けて予約

区間を分けて予約する方法もあります。名古屋から博多までのチケットが取れなくても、名古屋から新大阪、そこから岡山というように分けて予約すれば、希望の列車に乗れるかもしれません。

そして、出発直前にはキャンセルが出ることも。インターネットでこまめにチェックして、空席を見つけましょう。

スポンサーリンク

ゴールデンウィーク新幹線のぞみ自由席予約いつから?

ゴールデンウィーク新幹線自由席予約いつからなのかですが、乗車予定日のちょうど1ヶ月前、時計が10時を打った瞬間、予約戦線が開始されます。

2024年のゴールデンウィークは、東海道・山陽新幹線の「のぞみ」が全席指定席になります。当日、自由席に乗ろうとしても販売されていないため、注意が必要です。ちょっと残念ですよね。

でも大丈夫!「ひかり」や「こだま」にはまだ自由席があるから、安心してください。ただし、いつもより混雑するみたいなので、早めの予約がおすすめです。

GW期間中の新幹線自由席は、基本的に座れないと思って計画を立てた方がいいかもしれません。 特にピーク時の場合、次の列車に乗っても座れない可能性が高いです。始発駅から乗れば座れる可能性は上がりますが、それ以外の場合は難しいでしょう。

ですから、ゴールデンウィークに限らず、お盆や年末年始などの大型連休には、早めに予約を取っておくのが確実です。 何時間も立ち続けるのは、体も心も疲れてしまいますからね。

スポンサーリンク

まとめ

ゴールデンウィークの新幹線予約は、計画的に、そして少しの工夫で、格段にラクになります。2024年のゴールデンウィークは、のぞみが全席指定席になりましたが、ひかりやこだまにはまだ自由席があります。

早めの行動で、快適な旅を実現しましょう!旅の準備は、今から始めるのがベストですよ!