本ページはプロモーションが含まれています

カメムシ大量発生2024はどこで早い理由は?いつまでつづく?

生活雑貨
スポンサーリンク

2024年、日本各地でカメムシの大量発生が話題となっています。春先からの暖かい気候が、カメムシの活動を促し、多くの地域で注意報が発令されています。

では、なぜ今年はカメムシがこれほど早く、そしてどこで多く発生しているのでしょうか?

スポンサーリンク

カメムシ大量発生2024はどこで?

昨年は夏から秋にかけて全国的に発生し、多くの県で注意報が出されていましたが、今年はもうすでにその兆しが…!

2024年のカメムシ大量発生は、特に愛媛県、神奈川県、鳥取県、山口県、和歌山県で目立っています。5月1日には香川県の県内全域、翌日には兵庫県の県内全域、京都、兵庫、熊本、長崎にも注意報が発表されました。昨年に引き続き、全国的に大量発生しており、農林水産省は14県に「カメムシ注意報」を発令しています。

 2023年の夏から秋にかけて、全国的にカメムシが大量発生し、多くの都道府県で注意報が発表されましたが、2024年はすでに注意報が出ており、これから夏にかけてさらに増加すると予想されています。最新の注意報は農林水産省の病害虫発生予察情報で確認できます。

カメムシ大量発生は関西のどの県で多い?

昨年の9月には兵庫県で最も多く、京都府、鳥取県、大阪府、岡山県と続いています。関西や山陰地方での発生が多いようですね。2023年のデータを見ると、関西地方では9月と10月に、山陰地方では10月と11月に検索量が急増していました。これらのデータから、今年も同様の傾向が見られるかもしれません。

スポンサーリンク

カメムシ大量発生2024が早い理由は?

カメムシの活動は通常4月から始まりますが、今年は例年よりも早く活動が確認されています。産経新聞によると、カメムシの発生は隔年周期で、今年は「表年」と呼ばれる発生の多い年にあたるそうです。

さらに、温暖化の影響で暖冬が続いており、これが大量発生を早めている一因と考えられています。つまり、前年の活動が活発だったカメムシたちが、今年に影響を及ぼしている可能性があるとされています。

カメムシ対策は?

カメムシが大量発生していると、気になるのが対策です。

専門家によると、紫外線の光に寄ってくるカメムシを避けるために、照明をLEDに切り替えることが有効だとされています。

また、カメムシに触れたり潰したりすると臭いが出るため、ペットボトルなどでそっと捕まえて外に出すのがおすすめです。

洗濯物にカメムシがついてしまうと、本当に気分が落ち込みますよね。そんな状況を避けるために、ベランダでの予防策を試してみてはいかがでしょうか。

カメムシを寄せ付けないためのベランダ対策は?おすすめのグッズは?

スポンサーリンク

カメムシ大量発生2024いつまでつづく?

カメムシはほぼ1年を通して見かけられますが、暖かくなる4月〜10月頃に発生します。洗濯物に止まったり、家の中に侵入したりするのもこの時期が多いです。

特に9月〜11月は越冬するため、エサを求めて天気の良い日に大量の集団で移動します。この時家屋に侵入し、そのまま春まで居座ることもあります。

まとめ

2024年のカメムシ大量発生は、隔年周期の「表年」であること、昨年の大量発生したカメムシが越冬して早く活動を始めたこと、そして暖冬の影響が重なっていることが原因のようです。

これからの季節、カメムシと上手に付き合っていくためにも、私たちにできる対策をしっかりと考えていきましょう。