本ページはプロモーションが含まれています

滝沢ガレソはなぜ捕まらないの?炎上の裏側と5つの理由!

エンタメ
スポンサーリンク

暴露系インフルエンサーとして知られる滝沢ガレソさん。その活動内容から「なぜ捕まらないのか?」という疑問の声が上がっています。今回は、滝沢ガレソさんが捕まらない理由について詳しく調査してみました。

スポンサーリンク

滝沢ガレソが捕まらない5つの理由

それでは、なぜ滝沢ガレソさんは法的措置を免れているのでしょうか?その理由について見ていきましょう。

1. リスクヘッジが徹底しているから

滝沢ガレソさんが捕まらない理由の一つは、リスクヘッジが徹底しているからではないかと言われています。例えば、一般人の画像にはモザイクをかけ、個人名を特定しないように工夫しています。また、毎日約100通届くというDMの内容をすべて鵜呑みにせず、事実確認を行ったうえで情報を選定しています。

2023年には未成年の画像にモザイクをかけずに投稿したことが問題となり、その後投稿を削除する対応も行いました。こうした慎重な対応が、法律のグレーゾーンを避けるための重要なポイントとなっているのでしょう。

2. 表現の自由の範囲内で活動している

日本国憲法第21条では「表現の自由」が保障されています。滝沢ガレソさんの投稿もこの憲法によって守られている部分があるため、すぐに法的措置が取られることは少ないのかもしれません。ただし、これはあくまで表現の自由の範囲内である限りの話であり、明確な法律違反があれば別です。

3. 情報の裏取りを徹底している

滝沢ガレソさんは、情報の信ぴょう性を保つために裏取りを徹底しています。雑誌のインタビューでも、「双方から話を聞くことを大切にしている」と語っており、事実確認を怠らない姿勢を示しています。これにより、誤報やデマの拡散を防ぎ、法的リスクを回避していると考えられます。

4. 裁判所の開示請求を避ける手段がある

滝沢ガレソさんは過去に3回の開示請求を受けたことがありますが、弁護士の助けを借りてこれを拒否することに成功しています。また、開示請求が届くたびにその内容を公開する「公開添削」を行い、自身への法的リスクを低減させています。

5. 名誉毀損に該当しない?

名誉毀損とは、公然と事実を指摘して人の社会的評価を低下させる行為です。滝沢ガレソさんは多くの場合、実名を出さずに情報を提供しているため、名誉毀損に該当しにくいと考えられます。しかし、これがどこまで法律的に許されるかは専門家の判断に委ねられます。

ガーシーとの違い

同じ暴露系インフルエンサーとして知られるガーシーさんが逮捕された理由の一つは「常習的脅迫容疑」です。滝沢ガレソさんはこのラインを超えないように意識して活動していると語っています。具体的には、情報を提示する際にフォロワーに意見を問うスタイルを取ることで、直接的な脅迫行為に該当しないようにしているのです。

スポンサーリンク

滝沢ガレソさんが炎上した経緯

まず、滝沢ガレソさんがどのようにして炎上したのかを振り返りましょう。

滝沢ガレソが情報提供を求める

滝沢ガレソさんが炎上するきっかけとなったのは、X(旧Twitter)での情報提供の呼びかけでした。彼は次のような内容で情報を募集しました:

  • 有名女優とドラマ共演して結婚した男性歌手
  • 結婚後に共演したNHKのアナウンサーと不倫
  • 男性歌手の所属事務所が10億円を支払って記事を揉み消した

この投稿が大きな波紋を呼びました。

SNSで星野源という意見が殺到

具体的な名前を挙げていなかったにもかかわらず、「ドラマ共演で結婚した男性歌手=新垣結衣と結婚した星野源」との推測がSNS上で広まりました。

  • 「名前を出していなくても星野源では?」
  • 「ガレソ砲の歌手が星野源だったら泣く」

こうした意見が急速に拡散され、炎上状態となりました。

アミューズ法務部がコメントを発表

この噂に対し、星野源さんの所属事務所アミューズの法務部が次のようにコメントを発表しました:

「星野源において投稿にある事実は一切ない」

これにより、星野源さんの不倫報道がデマであることが明確になりました。

新垣結衣さんが半年ぶりにSNSを更新しコメント

新垣結衣さんも自身のXアカウントで「今騒がれ噂されている件に事実はひとつもありません」として、星野源さんの不倫の噂を否定しました。

スポンサーリンク

まとめ

滝沢ガレソさんが捕まらない理由には、リスクヘッジの徹底、表現の自由の範囲内での活動、情報の裏取り、開示請求の回避策、そして名誉毀損に該当しないような工夫が挙げられます。これらのポイントを押さえつつ、法律のグレーゾーンを巧みに避けながら活動していることが、彼が捕まらない理由と言えるでしょう。

コメント