本ページはプロモーションが含まれています

東福寺紅葉2023見頃時期はいつ?混雑状況やライトアップ情報も

イベント
スポンサーリンク

京都の紅葉名所として有名な東福寺。その美しさは「錦の雲海」とも称されるほどです。しかし、いつ行けば見頃なのでしょうか?また、混雑やライトアップなどの情報はどうなっているのでしょうか?この記事では、東福寺の紅葉に関する情報をお伝えします。

スポンサーリンク

東福寺の紅葉2023年の見頃時期は?

東福寺の紅葉は、例年11月中旬から色づき始め、11月下旬から12月初旬が見頃です 。しかし、気温や日照時間などによって変動することもあります。そのため、色づきの状況や見頃予想をチェックすることが大切です。

色づきの状況や見頃予想をチェックする方法は

  • 東福寺のツイッターでは、紅葉情報やライトアップ情報などをツイートしています。フォローやリツイートで情報を共有しましょう。
  • 東福寺の紅葉に関する口コミサイトでは、実際に訪れた人の感想や写真を見ることができます。参考にしてみましょう。

赤く染まった紅葉がとても綺麗ですね。

スポンサーリンク

東福寺の紅葉の混雑状況や回避方法は?

東福寺は京都でも屈指の紅葉名所であるため、混雑が予想されます 。特に紅葉の見頃を迎える11月20日頃から30日まではとても混雑します 。そこで、混雑状況や回避方法について紹介します。

  • 混雑度は、平日でも4~5割、土日祝日やライトアップ期間は8~9割と高いです 。
  • 待ち時間は、入場券を購入するために並ぶ時間が約45分ほどです。ライトアップ期間はさらに長くなる可能性があります。

なるべく人混みを避けたい場合は、早朝の訪問京阪電車鳥羽街道駅を利用すると良いでしょう。また、平日の午前中や夕方に行くと比較的空いています 。

以上が東福寺の紅葉の混雑状況や回避方法についてです。混雑しても紅葉の美しさに感動できますよ♪

東福寺の紅葉の時期限定の御朱印は?受付時間や注意点などを詳しく紹介!

通天橋から見る紅葉は絶景ですね。

スポンサーリンク

東福寺の紅葉のライトアップ情報は?

東福寺の紅葉は、夜にライトアップされるとさらに幻想的になります。ライトアップは、期間限定で行われるので、見逃さないようにしましょう。ここでは、ライトアップの開催期間や時間、料金などを解説します。

  • ライトアップの開催期間は、2023年はまだ未定です。
  • 例年ではライトアップの時間は、17:30から20:30までです。最終入場は20:00です。
  • ライトアップの料金は、大人(中学生以上)800円、小人(小学生以下)400円です。入場券は当日券のみで、前売り券はありません。
  • ライトアップの注意点は、以下のとおりです。
    • ライトアップ期間中は、通天橋や臥雲橋などの渡り廊下は通行できません 。
    • ライトアップ期間中は、塔頭の天得院以外は拝観できません
ライトアップ期間中は、混雑が予想されるため、公共交通機関を利用することをおすすめします 。

以上が東福寺の紅葉のライトアップ情報についてです。ライトアップされた紅葉は、昼間とは違った魅力があります。

東福寺の紅葉のアクセス方法は?

電車で東福寺に行く場合は、以下のようなルートがあります。

  • JR奈良線で京都駅から東福寺駅まで約5分。徒歩で約15分。
  • 京阪本線で三条駅から東福寺駅まで約10分。徒歩で約15分。
  • 京阪本線で出町柳駅から鳥羽街道駅まで約20分。徒歩で約5分。

料金は、京都駅からは140円、三条駅からは260円、出町柳駅からは310円です 。

電車で行く場合のメリットは、交通費が安く済むことや、渋滞を気にせずに移動できることです。デメリットは徒歩距離が長いことです。

  • バスで行く場合のアクセス方法

バスで東福寺に行く場合は、以下のようなルートがあります。

  • 京都市営バスで京都駅から「東福寺前」バス停まで約20分。徒歩で約5分。
  • 京都市営バスで四条河原町から「東福寺前」バス停まで約30分。徒歩で約5分。
  • 京都市営バスで出町柳から「東福寺前」バス停まで約40分。徒歩で約5分。

料金は、京都市内一律230円です 。

バスで行く場合のメリットは、最寄りバス停が近いことや、一日乗車券や回数券などを利用すればお得になることです。デメリットは、渋滞に巻き込まれる可能性が高いことや、混雑が予想されることです。

  • で行く場合のアクセス方法は

車で東福寺に行く場合は、以下のようなルートがあります。

  • 阪神高速道路11号池田線から名神高速道路に入り、「京都南IC」で下りる。国道1号線を北上し、「東大路通」を右折して「九条通」を左折する。そのまま直進し、「東福寺前」交差点を右折するとすぐに東福寺が見える。所要時間は約1時間。
  • 名神高速道路から京都東ICで下りる。国道1号線を南下し、「東大路通」を左折して「九条通」を左折する。そのまま直進し、「東福寺前」交差点を右折するとすぐに東福寺が見える。所要時間は約30分。

料金は、阪神高速道路11号池田線から京都南ICまでが約1000円、名神高速道路から京都東ICまでが約600円です 。

車で行く場合のメリットは、自由に時間やルートを選べることや、荷物が多くても楽に移動できることです。デメリットは、駐車場が少なくて高いことや、渋滞に巻き込まれる可能性が高いことです。

東福寺の駐車場情報は?

東福寺には、自家用車用の駐車場がありません 。そのため、近隣の有料駐車場を利用する必要があります。

  • 東福寺には境内に無料の駐車場がありますが、収容台数は普通車30台と少なく、紅葉の時期は閉鎖されます。
  • 駐車場は早めに確保することをおすすめします。紅葉の時期は午前中から満車になることが多いです 。

まとめ

この記事では、東福寺の紅葉に関する情報をお伝えしました。

  • 東福寺の紅葉は、歴史や由来がある美しいものです。渓谷「洗玉澗」に沿って植えられた約2000本のもみじが見どころです。
  • 東福寺の紅葉の見頃時期は、例年11月中旬から12月初旬です。色づきの状況や見頃予想は、公式ホームページやSNSなどでチェックできます。
  • 東福寺の紅葉は、混雑が予想されます。混雑を避けるコツは、早朝の訪問や京阪電車の鳥羽街道駅を利用することです。
  • 東福寺の紅葉は、ライトアップされるとさらに幻想的になります。ライトアップは、2023年はまだ未定です。料金は大人800円、小人400円です。

以上が東福寺の紅葉に関する情報のまとめです。東福寺の紅葉は、京都でも屈指の美しさを誇ります。ぜひ一度訪れてみてください。

東福寺の公式ホームページはこちらから