本ページはプロモーションが含まれています

イマーシブミュージアム大阪2023の混雑状況は?空いている時間帯やアクセス方法も紹介!

イベント
スポンサーリンク

夏休みに何か楽しいことをしたいと思っているあなたに、おすすめのイベントがあります。それは、印象派の名画を音と映像で体感できる新感覚のアート展 イマーシブミュージアム大阪2023です。

この記事では、マーシブミュージアム大阪2023の基本情報や混雑状況、空いている時間帯、混雑回避のコツ、駐車場情報、カフェ情報などを詳しくご紹介します。イマーシブミュージアム大阪2023を快適に楽しむために、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

イマーシブミュージアム大阪2023の混雑状況は?

イマーシブミュージアム大阪2023は、音と映像で名画の世界に入り込むことができるという新感覚のミュージアムで、人気が高いイベントです。そのため、混雑も予想されます。

では、どのくらい混雑しているのでしょうか?公式Twitterで発信されている情報や口コミなどをもとに分析してみました。

まず、平日と土日祝日では混雑具合が異なります。平日は開場の10時からどんどん混雑していき、12時ごろがピークになるようです。12時を過ぎるとだんだん混雑が緩和され、15時頃からは比較的空いています。

一方、土日祝日は12時から15時が混雑のピークになります。特に土曜日は18時ごろまで人が多くなることもあります。日曜日は15時にピークを迎えてから徐々に人が減っていきます。

また、夏休み期間(7月後半から8月)は平日でも土日祝日並みに混雑することが予想されます。この期間は事前にチケットを購入しておくことをおすすめします。

混雑を避けてスムーズに入場したい方は、ぜひこちらの記事を参考にしてくださいね♪

スポンサーリンク

イマーシブミュージアム大阪2023の空いている時間帯は?

では、イマーシブミュージアム大阪2023の空いている時間帯はどのようなものでしょうか?

イマーシブミュージアム大阪2023の空いている時間帯は、16時以降や朝一番(10時)が比較的空いています

また、平日や夏休み期間(7月後半から8月)以外も混雑が少ない可能性があります。ただし、予約制ではなく当日券制なので、入場時間によってはチケットが売り切れる場合もあります。事前に公式サイトやTwitterでチェックすることをおすすめします。

イマーシブミュージアム大阪2023の混雑回避方法

最後に、イマーシブミュージアム大阪2023の混雑回避のコツをご紹介します。

イマーシブミュージアム大阪2023の混雑回避のコツとしては、以下のようなものがあります。

  • 事前にチケットを購入する:イマーシブミュージアム大阪2023は当日券制ですが、事前にチケットを購入することもできます。チケットぴあやローソンチケットなどで購入できます。事前にチケットを購入すると、入場時間が優先されるので、混雑時でもスムーズに入場できます。
  • 持ち物を最小限にする:イマーシブミュージアム大阪2023の会場内は暗くて狭いので、荷物は最小限にしておくと良いでしょう。また、会場内にはロッカーがありませんので、大きな荷物は持ち込まないようにしましょう。
  • 靴を脱いで床に座る:イマーシブミュージアム大阪2023では、床にも映像が投影されています。そのため、靴を脱いで床に座ることができます。床に座ると、より映像に没入できるだけでなく、人の流れにも巻き込まれずに済みます。会場内にはクッションも用意されていますので、快適に鑑賞できます。

夕方は人も少ない様子、ゆっくりと鑑賞できそうです。

スポンサーリンク

イマーシブミュージアム大阪2023のアクセス方法は?

イマーシブミュージアム大阪2023に行くためのアクセス方法について紹介します。電車や車でのルートや所要時間、駐車場や最寄り駅などを知っておくと便利ですよ。

まず、電車で行く場合は、以下の駅から徒歩で行けます。

  • 京阪中之島線「中之島駅」から徒歩5分
  • JR大阪環状線、阪神本線「福島駅」から徒歩約5分
  • JR東西線「新福島駅」から徒歩約5分
  • JR各線「大阪駅」から徒歩約15分
  • 大阪メトロ四つ橋線「肥後橋」から徒歩約15分

色々な路線から行くことができるので、アクセスは抜群ですね。

次に、車で行く場合は、阪神高速11号 出入橋出口より7分のところにあります。

さて、ここまでイマーシブミュージアム大阪2023のアクセス方法についてご紹介しましたが、もう一つ重要なことがあります。それは、駐車場情報です。

イマーシブミュージアム大阪2023の会場となる堂島リバーフォーラムには一般用の駐車場はありません。車でお越しの方は、近くのコインパーキングを利用することになりますが、料金が高くなる可能性があります。

ただ、状況によっては現地まで車で行きたい方もいますよね。その場合は、事前にコインパーキングの空き状況や料金などをチェックしておくと安心です。

イマーシブミュージアムは大阪の市街地に位置しているため、基本的には公共交通機関を利用するのが便利でおすすめです。

イマーシブミュージアム大阪2023とはどんなミュージアム?

イマーシブミュージアム大阪2023とは、印象派の名画の世界に音と映像で入り込むことができる体験型ミュージアムです。関西では初めての開催で、多くの人が注目しています。

イマーシブミュージアム大阪2023では、モネ、ドガ、ルノワールなどの画家たちが描いた作品が、360度の壁や床に映し出されます。音楽や香りも加わって、まるで絵画の中に入ったような感覚を味わえます。

開催期間は2023年6月17日(土)から9月6日(水)までで、営業時間は10時から20時までです。会場は堂島リバーフォーラム(大阪市福島区福島1-1-17)で、展示内容は「鑑賞する絵画」から「体感する絵画へ」というテーマで構成されています。

イマーシブミュージアム大阪2023カフェ情報

イマーシブミュージアム大阪2023を楽しんだ後は、カフェで一息つきませんか?会場内には、印象派の名画をモチーフにしたドリンクやスイーツが楽しめるカフェスペースがあります。

カフェスペースでは、名画を投影した壁面やAI肖像画なども見られます。カフェスペースは営業時間内にいつでも利用できますが、混雑時には入場制限がかかる場合があります。事前に公式サイトやTwitterでチェックすることをおすすめします。

カフェスペースで人気のメニューは、「イマーシブ クリームソーダ」です。これは、絵画をグラスの中に表現した、黄・青・赤の美しいドリンクです 。「ひまわり」「星月夜」「日曜日の午後」の3種類があります。

バニラビーンズ香るアイスをのせて、色彩豊かな絵画の世界を味わってみましょう♪

もう一つおすすめなのが、「アイスソルベ」です 。これは、名画をモチーフにしたトロピカルベース(黄)、バタフライピーベース(青)、ピスタチオベース(緑)の3種類のアイスソルベで夏にぴったりの爽やかなスイーツです。

マーブル模様と花びらで星空を描いた「ゴッホ 星月夜マーブルチョコ」や、パレット型のアイシングクッキーなどと一緒に注文すると、より華やかになります。

カフェスペースでは、他にもゴッホやスーラのパレット型のティーラテやゼリーソーダ、オリジナルクラフトビールなど、フォトジェニックなドリンク類もあります。

また、パイナップルをひまわりに見立てた「ゴッホ ひまわりスムージー」や、12色のキャンディーなども販売されています 。カフェメニューはテイクアウトも可能ですので、お土産にも最適です。

カフェスペースで一休みしたら、AI肖像画にも挑戦してみましょう。会場内にある「Your Portrait by Vincent van Gogh」というコーナーでは、“AIゴッホ”がゴッホ風に肖像画を描いてくれます。

真っ白なキャンバスの前に座るとセンサーが顔を認識して、似顔絵を描いてくれます 。完成した画像はQRコードでダウンロードできます 。

まとめ

イマーシブミュージアム大阪2023は、印象派の名画を音と映像で体感できる新感覚のアート展です。

会場は堂島リバーフォーラムで、2023年6月17日から9月6日まで開催されます。混雑を避けるためには、事前にチケットを購入したり、空いている時間帯に行ったりすることがおすすめです。

会場内にはカフェスペースもありますが、入場制限がかかる場合がありますので、事前にチェックすることを忘れずに。