本ページはプロモーションが含まれています

木下大サーカス大阪2024見やすい座席はどこ?指定席と自由席の見え方の違いは

イベント
スポンサーリンク

木下大サーカスは、日本最大級のサーカス団で、動物やアクロバットなどの素晴らしいショーを見ることができます。
でも、せっかく行くなら、どの席が一番見やすいのか知りたいですよね。

この記事では、木下大サーカスの座席表について調べてみました。指定席と自由席の違いや、各席の見え方や料金を比較してみました。あなたの好みや予算に合わせて、最適な席を選んでくださいね。

近くに泊まるなら、楽天トラベルが便利です。楽天トラベルなら、歩いてすぐのホテルや旅館が見つかります。お値段や評判もチェックできますし、交通手段も一緒に予約できますよ!
>>楽天トラベルで宿泊先を探す

スポンサーリンク

木下大サーカス大阪2024見やすい座席はどこ?

木下大サーカス大阪2024の見やすい座席の結論としては、どの席もそれぞれ魅力的です。

  • 迫力を求めるならリングサイド席
  • 全体を見たいならロイヤル席
  • コスパ重視なら特別自由席
  • 一番お安く見るなら自由席

という感じです。

区分 大人 子ども 学生
前売り券 3,500円 2,000円 2,500円(コンビニのみ)
当日券 4,000円 2,500円 3,000円

木下大サーカス大阪の座席表から場所はわかりましたが、では、それぞれの座席の見え方はどのようになっているんでしょうか?

スポンサーリンク

指定席リングサイド席の見え方は?

リングサイド席は、サーカスの魅力を最も近くで感じられる席です。リングサイドA・B・Cの3つのグレードがありますが、どれもステージにぴったりくっついていて、柱などの障害物もありません。視界は抜群です。

リングサイド席は、サーカスリングから近距離なので、動物やアクロバットのパフォーマンスを間近で見ることができますが、ステージの端や上部は見えにくい場合があります。

リングサイドA・Bは、ステージの正面から見ることができるので、演出や演技の全体像を見逃しません。リングサイドCは、ステージの横から見ることになるので、一部の演目では見づらさを感じるかもしれませんが、それでも十分に楽しめます。

リングサイド席は、サーカスの感動を存分に味わいたい方におすすめです。ただし、近すぎるというデメリットもあります。動物たちのにおいが気になる方は、少し離れた席を選んだ方が良いかもしれません。

また、前に座る人の頭が見えにくくすることもあります。子ども連れで行く場合は、子ども用のクッションで高さを調整するなど工夫してくださいね。

リングサイド席
リングサイド席は、サーカスリングに一番近い席です。
迫力満点で、パフォーマーとの距離も近くて臨場感があります。
動物や花火などの演出も目の前で見ることができます。
また、リングサイド席は指定席なので、事前に予約する必要があります。
区分 リングサイドA席 リングサイドB席 リングサイドC席
入場料金にプラス 4,500円 3,000円 2,500円
スポンサーリンク

指定席ロイヤル席の見え方は?

ロイヤル席は、リングサイド席から少し離れたところにある席のことです。色分けされていて、ロイヤルブルー・イエロー・グリーンの3種類があります。座り心地はとてもよく、背もたれがあって、カーブしているので、どこに座ってもステージが見やすです。

動物やアクロバットのパフォーマンスを全体的に楽しむなら、ロイヤル席がおすすめです。特にロイヤルブルーは、ステージの正面になるので、迫力もあります。

ただし、ロイヤル席にも注意点があります。柱がある席もあります。柱があると、視界が遮られてしまうので、残念な気分になりますよね。なので、チケットを買うときは、座席表をしっかり確認してくださいね。

・ロイヤル席
ロイヤル席は、リングサイド席の後ろにある席です。
全体を見渡せる視野が広くて、バランスよく楽しめます。
ロイヤル席も指定席なので、事前に予約する必要があります。
区分 ロイヤルブルー席 ロイヤルイエロー席 ロイヤルグリーン席
入場料金にプラス 2,500円 2,000円 1,500円

特別自由席の見え方は?

特別自由席は、自由席の中でも見やすさに優れた席です。指定席に比べて料金が安く、お得感があります。自由席では物足りないけれど、指定席までは出費したくないという方におすすめです。

特別自由席の注意点は、チケットを買ってもすぐに座れるというわけではないということです。特別自由席のエリア内で好きな場所を探して座る必要があります。ですから、早めに会場に入って席を確保することが大切です。

もう一つの注意点は、チケットは当日券がほとんどだということです。事前に予約することはできません。

・特別自由席
特別自由席は、ロイヤル席の後ろにある自由席です。
自由席なので、当日先着順で好きな場所に座れます。
ただし、特別自由席は人気が高いので、早めに来場することをおすすめします。
区分 特別自由席(エリア限定)
入場料金にプラス 1,000円

自由席の見え方は?

ショーを見るなら、やっぱりお得な自由席がいいですよね。自由席は、横からでもショーの全貌が見えるので、迫力満点です。しかも、入場したら好きな席に座れるし、空いていれば移動もできるので、自分の好みに合わせて見られます。

自由席は、お金を節約したい方や気分転換に見たい方にピッタリです。ただ、人気のあるときは、家族や友達と一緒に座れなかったり、柱に邪魔されたりすることもあります。それを避けるためには、早めに並んで入場することが大切です。

あと、自由席は背もたれがないので、長時間座っていると疲れてしまいます。特にお子様は、体力がなくなってしまうかもしれません。

木下大サーカスは開演の30分前から入場できますが、指定席の方が優先されます。自由席は先着順なので、満席になったら入場できないこともあります。自由席で確実に入場するには、開演の1時間半前くらいから並ぶことをおすすめします。

前列の良い席を確保したい場合は、当日の公演1回目かつ開演時間の2時間前から並ぶといいですよ。

・自由席
自由席は、特別自由席の後ろにある自由席です。
一番お安く見ることができます。
しかし、自由席は一番遠くて見えにくい場合もあります。
また、自由席は入場制限があるので、満員になったら入れない可能性もあります。
区分 大人 子ども 学生
前売り券 3,500円 2,000円 2,500円(コンビニのみ)
当日券 4,000円 2,500円 3,000円

ショーを見るなら、アーティストの顔や動きを見逃したくないですよね。でも、席が遠いと、細かいところが見えないことも多いです。

そこで、おすすめなのが、双眼鏡です。双眼鏡を使えば、ステージの雰囲気をもっとリアルに感じられます。でも、どういう双眼鏡がいいのでしょうか?楽天で評判のコンサート向けの双眼鏡をご紹介します。

とても軽くて10倍に拡大できる小さな双眼鏡です。コンサート以外にも、旅行やスポーツ観戦などにも便利です。操作も簡単なので、子供も使えますよ。

 

まとめ

以上、木下大サーカス大阪2024の見やすい座席について紹介しました。リングサイド席は迫力満点、ロイヤル席は全体を見渡せる、特別自由席はコスパ最高、自由席は自由度が高いという特徴があります。

どの席もそれぞれ魅力的ですが、やはり好みや予算によって選ぶべき席が変わってきます。

木下大サーカス大阪2024は、2024年2月24日(土)から5月27日(月)まで開催されます。チケットは早めに予約しておくと安心ですよ。木下大サーカス大阪2024の見やすい座席を選んで、素敵なショーを楽しんでくださいね!

大阪の観光スポットが盛りだくさん!
>>らく旅で一気に見る